2020年9月11日 (金)

続・カシナガ

今日は関さんの森。7名が参加して、カシナガ被害木の調査。16日に専門家が来るので、それまでに被害の実態だけでも調べておきたい。

ところで、関さんの森(屋敷林)には、8月上旬に倒壊したシラカシの木がある(倒れた原因はカシナガではない)。その場で育った木は、その場で土に返るのを見守りたいところだが、カシナガの問題があるので、現在、処理を検討中である。

200911kasinaga-1

その、倒壊したシラカシの木には、写真のようにフラス(木くず)がたくさん見える。カシナガがマスアタック(集中穿入)したことを示している。

200911kasinaga-3

フラスの位置は、立っていれば高さ10mとか20mのところだから、カシナガのマスアタックは倒壊後かも知れない。カシナガの穿入は、通常は根元付近だけ。10~20mという高い位置にはあまり穿入しないからである。
この倒木には数百のフラス(穿入孔)があるようだ。そのまま放置すると来年には1万頭を越えるカシナガ成虫が飛び出し、感染が広がってしまうかも知れない。
成虫が飛ばなくなる11月下旬~5月の間に、何らかの対策をおこなうことになるだろう。

カシナガがマスアタック(集中穿入)する理由は・・・。
カシナガの穿入を受けた木だって、樹液を出して戦う。穿入したカシナガが少なければ、カシナガは負けて木が勝ち、勝った木は、その後はカシナガの穿入は受けにくいとされている。“免疫”みたいだ。
そこでカシナガは、フェロモンで仲間を呼ぶ。集中攻撃すれば、木に勝ち目は無い。カシナガは多くの子孫を残すことができるである。
関さんの森のシラカシの倒木は、倒れたことによって木の戦う力も無くなり、マスアタックを受けたのかも知れない。
しかし、カシナガの攻撃を一身に受けることにより、他の木を守った!! と考えることもできる。

ちなみに下の写真。拡大してみると、白い木屑の中に肌色のモノが見える。昆虫の腹部のようにも見えるが、気のせいか。

200911kasinaga-2

カシナガの成虫は、木を掘って坑道に卵を産みが、幼虫のエサは木屑ではなく、成虫が坑道内に植えた酵母である。多くの昆虫は、母親が卵を産んだら産みっぱなしだが、カシナガは人類よりはるか前に“栽培”みたいなことをやっていたわけである。
また、卵は少しずつ産むようで、先に生まれた幼虫は、遅れて生まれた弟や妹の世話をすることがわかっている。
一部のハチやアリのような分業化した“社会”とまでは言えないが、家族のような生活、そして仲間との協働によるマスアタック。こういった、カシナガの生態を知ると、愛情みたいなものも生まれくる。

長文、読んでくださり、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

カシナガ

気になる“カシナガ”(カシノナガキクイムシ)。“ナラ枯れ”の原因となる糸状菌を運ぶ昆虫。生態系の中では分解者だが、林業や森林管理の立場では困った昆虫だ。

そのカシナガのこと。昨日、関さんの森のトラップにたくさんかかった・・・との連絡があったので、行ってみた。

200909kasinaga-4

現在、関さんの森にはトラップが50個以上は仕掛けてあると思うが、そのうちの1本の木の複数のトラップに、大量のカシナガらしき小さな甲虫がかかっていた。

200909kasinaga-2

200909kasinaga-3

きちんと数えていないが、1,000頭以上いるだろう。スプーンですくって管ビンに入れ、液浸標本にしておいた。

200909kasinaga-5

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

総理強制

今日は、いくぶん涼しいので、千駄堀方面へ約9,000歩のウォーキング&ウォッチング。
森の中を歩いていると、目の前に、白い物体がぶら下がり揺れている。

200831semiyadoriga-2

200831semiyadoriga-1

これは、セミヤドリガの終齢幼虫である。セミヤドリガの幼虫は、ヒグラシの腹部に寄生し、終齢になると糸を吐いてヒグラシから落下。木にひっかかってとりつき蛹になるという。

蛾といえば、大きな巴形目玉模様のトモエガの仲間。オスグロトモエかハグルマトモエ。

200831tomoega

トンボでは、ノシメントンボがいた。この日は、他に3頭のアカトンボをみたが、すべてコノシメトンボであった。

200831nosimetonbo

最後はシロツメクサ。

200831sirotsumekusa

『植物に学ぶ生存戦略4』では、シロツメクサの戦略を「じゃんべさん」なる大物政治家にたとえていた。
シロツメクサなどマメ科植物は根粒菌と相利共生の関係にあると思っていたが、実際は、植物側はより利益を上げる根粒菌を優遇して栄養分を分配しているという。共に生きていると見えるが、植物側が根粒菌を支配しているのである。
なお、この文章を書くとき、「相利共生」を出そうと変換キーを押したら「総理強制」が出てしまった。

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

アカボシゴマダラ・コノシメトンボ・ナツアカネ

今日は、下田の森にてプチウォッチング。

お気に入りは、アカボシゴマダラの幼虫。

200830akabosigomadara

トンボでは、コノシメトンボのメスをパチリ。

200830konosimetonbo

ナカアカネもパチリ。

200830natsuakane

トンボといえば、今年はアカトンボが少ない。今日は上の2頭のみ。例年だと、ノシメトンボが多いのだが、今年はノシメよりコノシメの方が多くみかける。

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

関さんの森に幸谷小のこどもたち

今日は関さんの森、幸谷小のこどもたちがケンポナシのまわりで、関さんの話を聞く。

200827seki-1

7月に咲いたケンポナシの花は、今は小さな実になっている。晩秋、美味しく熟す。

200827kenponasi

関さんのお庭で生き物を観察。写真はオオカマキリ。

200827ookamakiri

その後は屋敷林。ところが、ぼくがセミの話を終え、さあ探検だ!! というところで突然の雨。

200827seki-2

雨上がりの屋敷林、大きなコガネグモをみつけた。
コガネグモは千葉県では絶滅危惧種(要保護生物)。

200827koganegumo

それはそうと、昨夜のEテレ『植物に学ぶ生存戦略 4 話す人・山田孝之』、面白かったですね。再放送は、8月30日の0時30分から。

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

キマダラカメムシの調査

最近気になる生き物は、外来種のキマダラカメムシ。昨年あたりから松戸でも見られ、今年は確実に増えている。
そこで、小金原5丁目の桜通りのソメイヨシノ64本について、目視で数えてみた。
写真は、キマダラカメムシの幼虫。たぶん終齢の一歩手前、4齢あたりかな。

200826kimadarakamemusi

結果は、64本中49本(77%)に148頭のキマダラカメムシを確認、うち42本(66%)では幼虫95頭を確認した。目視だから、本当はもっといるのだろう。来年は、もっと増えるだろう。

ちなみに、キマダラカメムシ以外でソメイヨシノにいた昆虫は、アブラゼミ。2回ほどオシッコをかけられた。

200826aburazemi

それと、大きなクモを発見。たぶんアシダカグモかコアシダカグモ。

200826asidakagumo

アシダカグモは、ふつうは屋内にいてゴキブリをも食べるという。はじめてみた。これも温暖化の影響か。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

カブトムシ・ノコギリクワガタ

カブトムシやクワガタムシが好き・・・というわけではないので、ふだんは探すことをしない。

ところが、今日は見つけた。今シーズン初の、クワガタムシに、ノコギリクワガタ。それはそれで、うれい。

200825kabutomusi

200825kuwagata

ところが、その近くには、フラス(キクイムシ類などが穿孔したときに出す木屑)が落ちている。“ナラ枯れ”をおこす、カシノナガクイムシでなければいいけど。

200825sitada

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

藍染め講座

今日も下田の森にて、プチウォッチング。
午前中は、昨日に比べて涼しく、生き物たちの活動も活発。キアゲハやツマグロヒョウモンが飛んでいた。

お気に入りは、キアゲハ。キツネノマゴで吸蜜中。

200822kiageha-4

200822kiageha-3

200822kiageha-2

200822kiageha-1

ツマグロヒョウモンのオスも、キツネノマゴで吸蜜中。

200822tsumagurohyoumon-2

ツマグロヒョウモンのメスもいたが、吸蜜中のものは撮れなかった。

200822tsumagurohyoumon-1

ところで、この日は、「下田の杜里山フォーラム」のメンバーが、「藍染め講座」を実施。アイの生葉を使って、トンボの型紙にあわせて叩き染め。昨年染めたものも見せてもらった。

 

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

オニヤンマ・ハラビロカマキリ

今日も猛暑。来年、再来年、さらには10年後、20年後はどうなっちゃうのだろう。温暖化は、すでに後戻りできないところまで進んでしまっているのではないか。そんなことを思う、今日この頃である。

さて、今日は下田の森へプチウォッチング。
お気に入りはオニヤンマ。暑さのせいか、近寄っても逃げない。複眼を撮ろうと思って、さらに近寄っても逃げない。

200821oniyanma-1

200821oniyanma-2

その近くでは、コノシメトンボ(たぶん)がハラビロカマキリの餌食になっていた。南無阿弥陀仏・・・。

200821konosimetonbo

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

ツクツクボウシタケ・ナラ枯れ

いやーっ、今年の夏は暑い。7時開園となっていた千駄堀(21世紀の森と広場)も、明日からは9時開園。9時からのウォッチングはキツイなぁ。

今日の千駄堀でのお気に入りは、ツクツクボウシタケ。ツクツクボウシに寄生する子のう菌、いわゆる冬虫夏草である。掘ると、菌体の下にツクツクボウシ幼虫の死体があるはず。
2006年から毎年確認しているが、なぜか今年はいつもの場所に出てこない。ところがI嬢からの情報で、新たな出現場所をチェック。今日は6体を確認した。

200820tsukutsukubousitake

そのほかの生き物では、アオモンイトトンボのオス。

200820aomonitotonbo

オオシロカネグモ。

200820oosirokanegumo

ところで、クヌギの根元に、大量の細かい木くず。これはカシノナガキクイムシが掘った木くずである。

200820naragare-1

今年になって松戸の里山で“ナラ枯れ”の被害が急に増えているが、その原因は、カシノナガキクイムシが運ぶ“ナラ菌”の感染。カシノナガキクイムシは、クヌギなどに穿孔するだけでなく、ナラ菌を運ぶから、ナラ枯れは伝染病のようにひろがっていく。
見上げてみると、すでに多くの葉は枯れていた。

200820naragare-2

ちなみに、クヌギの幹に、下方が三角形になったプラスチックのモノが設置してあるが、これは、カシノナガキクイムシを捕獲するためのトラップである。

| | コメント (0)

«みかも山