2019年3月 5日 (火)

ブログの更新が滞っています

ココログのシステムが3月に変更されました。

更新したい記事はたくさんあるのですが、現在、ブログの更新操作(写真の挿入)に不具合があるため、写真入り記事の更新が滞っています。

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

三寒四温

第一日曜日は、関さんの森の定例作業日であるが、今日は冷たい雨。作業は中止とし、会議のみ。
カワヅザクラも冷たい雨に濡れていた。

190303kawazusakura_2

ミツマタの花

190303mitsumata_2

ネコヤナギ

190303nekoyanagi_2

晴れの日、雨の日をくりかえし、少しずつ春になっていく。

| | コメント (3)

2019年3月 2日 (土)

かつうらビッグひな祭り

一度見たいと思っていた「かつうらビッグひな祭り」

混雑は覚悟の上で、5時に自家用車で出発し、8時に守谷海岸駐車場着。8時40分発の無料シャトルバスに乗って勝浦会場へ。朝市をひやかしながら、遠見岬神社、墨名交差点、覚翁寺山門前、勝浦市芸術文化交流センターなどのポイントを歩いてまわる。

下の写真は遠見岬神社。

190302katsuura_2

190302katsuura_1

下の写真は、覚翁寺山門前の特設ひな段。

190302katsuura_3

こちらは、勝浦市芸術文化交流センター。

190302katsuura_4

190302katsuura_5

いやー、見事であった。11時ちょっと過ぎには駐車場に戻る。

帰路の途中でランチ。もちろん勝浦タンタンメン。
有名店はどこも駐車場が満車状態。そんな中、すんなり入れたのが「てっぱつ屋佐野店」。勝浦より、かなり大多喜寄りだからであろう。
おいしいが、塩分を控えなければいけないぼくには、ちょっと塩分が濃い。

190302lunch

その後、いすみ鉄道、小湊鉄道をミニチュアモードで撮り鉄。

まずは、いすみ鉄道・東総元-小谷松駅間を走る上り列車。

190302isumitetsudou_1

いすみ鉄道・大多喜-城見ヶ丘駅間を走る上り列車。

190302isumitetsudou_2

そして、小湊鉄道・上総鶴舞-上総久保駅間を走る下り列車。

190302kominatotetsudou

菜の花や桜の花が咲く時期はきれいだろうなあ。

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

百十五

今日は半日勤務。}
午後になって晴れてきたので、関さんの森経由で帰る。むつみ梅林では、晩生の「豊後」が咲きはじめた。ほんのりピンク色の花弁が美しい。

190301ume

お庭では、「河津桜」が三分咲き。

190301kawazusakura

アジサイの新芽が開いてきた。

190301ajisai

帰宅後、コーヒーを焙煎。

そして、金曜は旨酒の日。福島は猪苗代町の稲川酒造店が醸す「百十五」の純米吟醸を、初ガツオを肴にいただく。旨い。

190301dinner

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

ニワトコヒゲナガアブラムシ

今日は週休日。今朝のウォーキング&ウォッチングは、関さんの森方面へ、約9800歩。

今日のお気に入りは、ニワトコの冬芽&葉柄痕。かわいい。

190225niwatoko1

別の冬芽には、びっしりとアブラムシ(ニワトコヒゲナガアブラムシ)。そして、アブラムシの中に白い卵。ヒラタアブの卵である。やがて、卵から幼虫が孵化し、幼虫はアブラムシをむしゃむしゃ食べる。自然は過酷だ。

190225niwatoko2

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

何だろう?

第四日曜日は千駄堀の観察会。アカガエルが産卵するなど、春の気配はあるけれど、まだまだ生き物たちは少ない。葉っぱをめくるなどして、ていねいに生き物たちを探す。

アオキの葉裏に、クモを発見。ウロコアシナガグモである。帰宅して写真を見てびっくり、たぶんアリだろうが、捕食中であった。

190224urokoasinagagumo

ヤツデの葉裏には、黄色いテントウムシ。キイロテントウである。眼のように見える黒い点が2つあるが、これは眼ではなく、胸部にある単なる黒斑。でも、何か目的があるのだろう。眼のふりをしているとか。

190224kiirotentou

野草園の池にはアカガエルの卵塊がたくさん。ざっと数えると約160卵塊。

190224akagaeru

その池にふしぎなモノを発見。ソウメンくらいの太さの茶色いモノがたくさん。何かの糞ではないかと思うが、これは何だろう?

190224sendabori

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

化物尽し

休日の朝は、ウォーキング&ウォッチングから。今日は下田の森方面へ、約8000歩。

お気に入りはオオイヌノフグリ。思いっきり、横から撮ってみた。

190223ooinunofuguri

ランチは回らないお寿司屋さん。

190223lunch

午後は、関さんの森へ。今日は古文書の会の定例会があるということで、のぞいてみた。

江戸末期のものと思われる「化物尽し」なる小冊子を発見。頁をめくってみると、ろくろ首などが描かれてあった。

190223seki_4_2

190223seki_5_2

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

ツクシ

今日も半日勤務。
仕事の帰り道、関さんの森の“むつみ梅林”の横を通ると、仲間が剪定作業。記録のために、作業の写真を撮り、梅や下草の写真を撮る。

梅は、品種によってはすでに満開。まだ開花がはじまっていない品種もあり、全体的には二分咲き程度かな。

190222ume_2

下草で春の気配を探すと、ツクシを発見。

190222tsukusi_2

オオイヌノフグリもたくさん咲いていた。

190222ooinunofuguri_2

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

カワヅザクラ・ミツマタ・カントウタンポポ・ネコヤナギ

今日は半日勤務。
午後になると風もおさまり、暖かい日和。帰り道に関さんのお庭に立ち寄り、春を探してみた。

カワヅザクラの開花がすすみ、手が届く枝でも咲きはじめた。それでも、まだ一分咲き。

190221kawazusakura

ミツマタが咲きはじめた。ミツマタはジンチョウゲ科だから、個々の花はジンチョウゲに似ている。

190221mitsumata

カントウタンポポも咲きはじめた。

190221kantoutanpopo

最後にネコヤナギ。あと一週間くらいで咲くかな。

190221yukiyanagi

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

セツブンソウ・ザゼンソウ・須花トンネル

毎年、2月中旬になると、栃木県の栃木市~佐野市にかけて、セツブンソウを見に行く。

この日、最初に行ったのは、花之江の郷。ここではほぼ満開。

190218setsubunsou_1

星野の里は咲きはじめ。

190218setsubunsou_2

190218setsubunsou_3

柿平はまだ咲いていなかった。

ランチは、出流の「いづるや」にて、寒晒し蕎麦とフキノトウの天ぷらであった。

190218izuruya

ランチ後、佐野市須花坂のザゼンソウを見に行った。まだ咲きはじめのようで、開花は10株程度。

190218zazensou

なお、ザゼンソウ群落の近くに須花トンネルがある。現在通行できるトンネルは1980年に完成した昭和トンネルだが、これ以前の1917年完成の大正トンネル、さらに1881年に着工し1889年に完成した明治トンネルの3つがある。

写真の明治トンネル(全長117m)は、地元村長が私財をなげうり、近隣の支援も受けながら、“げんのう”と“たがね”を使って手掘りで掘ったとのことで、市指定の史跡。さらに、土木学会が「土木学会選奨土木遺産」として認定している。

190218subanatunnel

ちなみに明治トンネルはお年寄りの霊が、大正トンネルは女性とこどもの霊が目撃されており、心霊スポットとしても有名とのことである。

| | コメント (0)

«冬芽合唱団