2018年7月15日 (日)

そうめん流し

今日は、関さんの森。夏のイベント「そうめん流し」。
参加者は61名で、内訳は、一般参加39名(大人20名+小学生9名+幼稚園児以下10名)と、蔵の測量をおこなった建築士会の皆さん5名、スタッフ17名でした。

開会セレモニー後は、生き物たちを観察しながらゴミ拾い。下の写真は、屋敷林でニイニイゼミの脱け殻を観察したり採集したりしているところ。

180715seki_1

関家の屋敷ではアオスジアゲハの終齢幼虫がいました。卵や、1齢、2齢、3齢、4齢の幼虫もいました。

180715aosujiageha

下の写真は、オナガグモの卵のう。この中に100個くらいの卵が入っています。

180715onagagumo_1

卵を産んだオナガグモのお母さんもいました。松葉に擬態しています。

180715onagagumo_2

さて、ゴミ拾い後は、そうめんを食べるための器・箸づくり。自分の食器は自分でつくります。

180715seki_2

一般参加者が食器を作っている裏では、そうめんを茹でます。暑いし煙たいし、たいへんです。

180715seki_3

そして、そうめん流し。この日、61名が食べたそうめんは5.5kgでした。

180715seki_4

森の外は猛暑でしたが、森の中は涼しく、おいしくいただきました。

2018年7月14日 (土)

明日はそうめん流し

関さんの森・夏のイベント「そうめん流し」を明日にひかえ、今日はそうめん流しの樋を作りました。

180714seki

一般参加の方は10時においでください。なお、定員に達したため、すでに申込みを終了しています。

会員の方は申込み不要です。特にお手伝いくださる方は、9時半においでください。

なお、森の中はいくぶん涼しいとはいえ、猛暑が予想されます。熱中症対策と蚊対策をじゅうぶんととのえ、ご参加ください。長袖・長ズボン・帽子・タオル・飲み物持参を勧めます。

(山田)

2018年7月11日 (水)

アカボシゴマダラ

関さんの森・新設道路(都市計画道路3・3・7号線)の両側に、クヌギの森とエノキの森がある。クヌギは樹液を出すので、夏は樹液を求めて昆虫がやってくる。

たとえば、写真はアカボシゴマダラ。在来のゴマダラチョウの近縁で、蝶マニアが中国産のこの蝶を放したことにより、近年多く見られるようになったチョウである。反面、在来のゴマダラチョウは現在ではほとんど見られない。

180711akabosigomadara_1

アカボシゴマダラやゴマダラチョウの食草はエノキ。エノキはエノキの森に大木があるが、ゴマダラチョウなどの幼虫は、樹高1mまでの幼樹に多い。この日も探してみると、まるまると太った終齢幼虫がいた。写真はアカボシゴマダラの幼虫で、背中に4対の突起があるのが特徴。在来のゴマダラチョウは3対である。

180711akabosigomadara_3

ゴマダラチョウ類の幼虫は、頭部に1対の大きな角がある。とてもかわいいので、エノキの幼樹があったら探してみてください。

180711akabosigomadara_2

(山田)

2018年7月 9日 (月)

(予告)関さんの森・夏のイベント

7月15日(日)関さんの森・そうめん流しの集い

森の恵みに感謝し、森を知り森を守る夏のイベントです。
屋敷林の自然観察と清掃作業などを行った後、森で採れた竹の樋を使った流しそうめんを、みんなでいただきます。薬味は農園のネギ、ミョーガなどを利用。そうめんを食べる食器とはしは、森の竹を使って自分で作ります。
爽やかな緑の下で、森と仲良しになりましょう。

日時:7月15日(日)10:00~13:30 (小雨実施)
集合時間・場所:松戸市幸谷131 関さんの自宅前 10:00集合 
定員:20名 事前申し込み制 先着順。小学2年生以下は保護者同伴
参加費:中学生以上300円 小学生100円 幼児無料
持ち物・服装:飲み物、虫除け、帽子、長袖長ズボンの動きやすい服装で
申込み・問合せ:090-9156-4960(木下)
(定員に達したため申込みを終了しました)

170716seki_2

(写真は昨年のものです)

---------------------

7月23日(月)虫とあそぼうin溜ノ上の森

街中の小さな森にも虫やキノコ、不思議なものなどがいっぱい。みんなで探せば小さな生き物たちの世界が広がります。
虫ハカセ、自然ハカセを目指すちびっこたちはもちろん、普段あまり自然に触れ合うチャンスの無い子どもたちに、親子で身近な自然体験を!
松戸市新松戸駅から10分、幸谷の台地の上、「溜ノ上の森」で虫を探して、みんなで楽しく観察、ダンゴムシレースもしましょう。自然大好きな仲間がご案内します。

日時:7月23日(月)9:45~11:30
集合時間・場所:新松戸駅改札口9:45
定員:20名  事前申し込み制 先着順  小学3年生以下は保護者同伴
参加費:親子で300円(4年生以上は子どもだけ参加可能。1人100円)
持ち物:飲み物、虫よけ、タオル、あれば虫捕りアミ、など
服装:長袖、長ズボン、帽子(ハチ用心のため白っぽいものが良い) 
共催:関さんの森を育む会、溜ノ上レディース
申込み・問合せ:04-7153-5392 (渋谷)

170723tamenoue1

(写真は昨年のものです)

2018年7月 1日 (日)

7月の行事予定

*関さんの森の活動に関心のある方は、第一日曜・第三日曜の定例作業にご参加ください。

*関家屋敷内の見学を希望される方は、第三日曜日においでください。7月は15()ですが、この日は「そうめん流しの集い」です。

71()
 定例作業(10時より)
 関さんの森会議(13時より)

74()
 砂原保育園里山体験(10時半より)
 子ども文庫の会ミーティング(午後)

7月8日(日)
  古文書の会(13時半より)

713()
 溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

714()
 そうめん流し事前準備(10時より)

715()
 そうめん流しの集い(1013)
 スタッフ集合(9時半),定例作業(10時より)
 見学ガイド(1015)
 関さんの森会議(13時頃より)

719()
 門蔵再生事業・上花輪歴史館見学

723()
虫とあそぼうin溜ノ上の森(10時より)

727()
 溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

 

 

2018年6月29日 (金)

ケンポナシ開花

関さんの森(むつみ梅林)のケンポナシが開花しました。ケンポナシの花は遠くからではわかりません。下の方の枝には花はありません。木に近寄ってみると、高さ3m以上の枝先に花が咲いています。

180629kenponasi_2

ケンポナシの個々の花は、小さくてあまり目立ちません。蜜をたくさん出すので、ミツバチなどが花粉を運びます。ケンポナシのハチミツが売られているくらいです。

180629kenponasi_1

関さんの森(むつみ梅林)のケンポナシは、樹齢200年を越える古木。2012年、新設道路の工事に伴う移植のダメージから、昨年までは元気が無かったのですが、今年になって葉が多く繁り、花の数も急激に増えました。

180629kenponasi_3

ケンポナシの実は、12月上旬頃に熟します。梨に似た甘い実ですが、豊作を期待したいですね。

(山田)

2018年6月24日 (日)

雨あがりの森を堪能

雨の後、緑が一層鮮やかを増したた関さんの森を、東京ハイキングクラブのメンバー一行38名が訪問です。
関家の庭で、関さんが森のあらましを語った後、会員が古い蔵や古木を案内。屋敷の外で、ケンポナシの立て曳きや迂回道路作成の経緯についても説明しました。

180625seki_1

180625seki_2

その後、雨に濡れて静まり返った屋敷林の中、竹林や草地、湧水池等をゆっくり巡って、街中にある小さいけれど豊かな命の世界を体感してもらいました。
そして森の北入口から薄日の射し始めた町なかを、北小金にある東漸寺を目指して歩いて行かれました。

180625seki_3

180625seki_4

(木下)

2018年6月17日 (日)

梅ジャム・スモモ・ビワ

第三日曜日は、関さんの森の定例作業日。今日は、幸谷交差点にある花壇で花苗の植えつけ、湧水池の清掃などをおこないました。下の写真は、花苗の植えつけをおこなったメンバーです。

180617seki_1

午後は、関さんの森財団の会議です。

180617seki_3

会議でのお茶のお伴は、むつみ梅林の梅でつくった梅ジャム。

180617seki_2

また、関さんの森農園で収穫したスモモ、屋敷林に自生しているビワを会議の参加者に提供。おいしくいただきました。

180617seki_4

ところで、2012年に移植したケンポナシのこと。移植のダメージで元気がなかったのですが、6年たった今年は少し元気です。

180617kenponasi_2

つぼみもたくさんつけています。あと2週間くらいで開花する予定です。

180617kenponasi_1

(山田)

2018年6月12日 (火)

梅雨のあいだに草加市から小さなお客さん

平地ばかりで坂のある森が全く無い草加市にあるK保育園から、年長組の園児16名が2台のバスで関さんの森にやって来ました。

スタッフの歓迎を受けた後、実のなる植物が多い”みのりの森”でちょうど食べごろのビワの実を味わいました。

180612kusabana_1

屋敷の中でマダケのタケノコを採ったりした後、森に行き丸太の遊具を楽しみました。

180612kusabana_2

そして楽しみにしていたザリガニ釣りに挑戦。森にある竹の枝を竿にして、イカの燻製をエサに釣り始める。先生も真剣に参加した結果、バケツにある通り20匹ほど釣れました。

180612kusabana_3

180612kusabana_4

屋敷に戻り、家から持ってきたお弁当をお互いに見せ合いながら楽しい昼食の時間。

180612kusabana_5

食事の後は、関さんの屋敷内を探検して歩き、最後にザリガニを主役にした絵本を読んでもらいました。

秋になり、カヤの実が食べられる頃もう一度来る約束をして、午後2時過ぎにバス乗って草加市に帰って行きました。

180612kusabana_6

(木下)

2018年6月 3日 (日)

今年の梅は豊作

第一日曜日は、定例作業。今日は梅の収穫&販売でした。
今年は豊作です。この日は56kgを収穫しました。

180603seki_2

関さんの森の梅は農薬を使っていません。見た目はきれいな梅ではないこともあり、400円/kgでお買い上げいただきました。

180603seki_1

まだ梅は残っているので、6月10日(日)も10~12時に収穫&販売をいたします。

この日は、梅の収穫以外に、竹林の整備(除伐)をおこないました。

また、関さんの森農園に植わっているクヌギの枝が下に垂れ下がり、隣接する水道局のセンサーに反応するとのことで、枝を切りました。

180603seki_3

180603seki_4

なお、下の写真はオオシロカネグモ。背景が青いのは、アジサイの花が写っているからです。

180603oosirokanegumo

(山田)

«6月の行事予定