2018年6月17日 (日)

梅ジャム・スモモ・ビワ

第三日曜日は、関さんの森の定例作業日。今日は、幸谷交差点にある花壇で花苗の植えつけ、湧水池の清掃などをおこないました。下の写真は、花苗の植えつけをおこなったメンバーです。

180617seki_1

午後は、関さんの森財団の会議です。

180617seki_3

会議でのお茶のお伴は、むつみ梅林の梅でつくった梅ジャム。

180617seki_2

また、関さんの森農園で収穫したスモモ、屋敷林に自生しているビワを会議の参加者に提供。おいしくいただきました。

180617seki_4

ところで、2012年に移植したケンポナシのこと。移植のダメージで元気がなかったのですが、6年たった今年は少し元気です。

180617kenponasi_2

つぼみもたくさんつけています。あと2週間くらいで開花する予定です。

180617kenponasi_1

(山田)

2018年6月12日 (火)

梅雨のあいだに草加市から小さなお客さん

平地ばかりで坂のある森が全く無い草加市にあるK保育園から、年長組の園児16名が2台のバスで関さんの森にやって来ました。

スタッフの歓迎を受けた後、実のなる植物が多い”みのりの森”でちょうど食べごろのビワの実を味わいました。

180612kusabana_1

屋敷の中でマダケのタケノコを採ったりした後、森に行き丸太の遊具を楽しみました。

180612kusabana_2

そして楽しみにしていたザリガニ釣りに挑戦。森にある竹の枝を竿にして、イカの燻製をエサに釣り始める。先生も真剣に参加した結果、バケツにある通り20匹ほど釣れました。

180612kusabana_3

180612kusabana_4

屋敷に戻り、家から持ってきたお弁当をお互いに見せ合いながら楽しい昼食の時間。

180612kusabana_5

食事の後は、関さんの屋敷内を探検して歩き、最後にザリガニを主役にした絵本を読んでもらいました。

秋になり、カヤの実が食べられる頃もう一度来る約束をして、午後2時過ぎにバス乗って草加市に帰って行きました。

180612kusabana_6

(木下)

2018年6月 3日 (日)

今年の梅は豊作

第一日曜日は、定例作業。今日は梅の収穫&販売でした。
今年は豊作です。この日は56kgを収穫しました。

180603seki_2

関さんの森の梅は農薬を使っていません。見た目はきれいな梅ではないこともあり、400円/kgでお買い上げいただきました。

180603seki_1

まだ梅は残っているので、6月10日(日)も10~12時に収穫&販売をいたします。

この日は、梅の収穫以外に、竹林の整備(除伐)をおこないました。

また、関さんの森農園に植わっているクヌギの枝が下に垂れ下がり、隣接する水道局のセンサーに反応するとのことで、枝を切りました。

180603seki_3

180603seki_4

なお、下の写真はオオシロカネグモ。背景が青いのは、アジサイの花が写っているからです。

180603oosirokanegumo

(山田)

2018年6月 1日 (金)

6月の行事予定

*関さんの森の活動に関心のある方は、第一日曜・第三日曜の定例作業にご参加ください。

*関家屋敷内の見学を希望される方は、第三日曜日においでください。6月は17日(日)ですが、午後は関さんの森環境財団の評議会・理事会のため10~12時とさせていただきます。

6月3日(日)

  定例作業(10時より),梅の販売(10~12時)
  関さんの森会議(13時より)

6月6日(水)

  砂原保育園里山体験(10時半より)

6月8日(金)

  溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

6月10日(日)

  梅の販売(10~12時)

6月15日(火)

  そうか草花保育園里山体験予備日(10時より)

6月17日(日)

  定例作業(10時より),見学ガイド(10~12時)
  関さんの森会議(13時より)
  関さんの森財団評議会・理事会(14時より)

6月22日(金)

  溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

6月24日(日)

  古文書の会(13時半より)

6月30日(土)

  門と蔵再生事業・丸山先生学習会(13時より)

7月1日(日)

  定例作業(10時より)
  関さんの森会議(13時より)

2018年5月20日 (日)

ウメの収穫&総会

月の第三日曜日は、定例作業&総会。定例作業のメインは、ウメの収穫。今日は小梅を収穫し、9kgを即売しました。

180520seki_1

ふつうの梅は、来週あたりにないそうです。今年は昨年よりは実のつきがよさそうです。育む会では、5月27日(日)と6月3日(日)に梅の収穫体験と即売をおこないます。ウメが無くなり次第終了となりますが、無農薬のウメです。10~12時のあいだにおこないます(雨天中止)。

180520ume

午後からは総会です。18名が出席して、決算報告や予算案、事業計画などを審議しました。

180520seki_2

以下は、今日観察した生き物たちです。まず、カナヘビがいました。カナヘビは今は絶滅危惧種です。

180520nihonkanahebi

アオスジアゲハの幼虫がいました。

180520aosujiageha

ナミアゲハがサンショウに産卵していました。

180520namiageha_1

すぐに確認しましたが、黄色い卵が産みつけられていました。

180520namiageha_2
(山田)

2018年5月19日 (土)

新京成沿線健康ハイキング

今日は新京成電鉄が主催する『新京成沿線健康ハイキング』の開催日でした。
これは、常盤平駅をスタートし、根木内歴史公園、東漸寺、関さんの森、21世紀の森と広場など、約11kmを参加者各自のペースで歩くというもの。
たくさんの方が関さん宅の前を通るということで、門の前に机とイスを用意し、パネル16枚を展示。約1000名のハイキング参加者に、パンフを配布して関さんの森を宣伝しました。

180519seki_1_2

このうち数十名方は、新緑に包まれた屋敷林も散策しました。

180519seki_2

関さんのお庭では、ハルジオンはすでに盛りをすぎ、ヒメジョオンが咲きはじめています。花にはアシブトハナアブが蜜をなめていました。アシブトハナアブは、名前のとおり、脚が太いハナアブです。

180519asibutohanaabu_2

(山田)

2018年5月 1日 (火)

5月の行事予定

*関さんの森の活動に関心のある方は、第一日曜・第三日曜の定例作業にご参加ください。

*関家屋敷内の見学を希望される方は、第三日曜日においでください。5月は20日(日)ですが、午後は総会のため10~12時とさせていただきます。

5月11日(金)

  溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

5月13日(日)

  古文書の会(13時半より)

5月17日(木)

  砂原保育園里山体験(10時半より)

5月19日(土)

  新京成沿線健康ハイキング(10時よりパネル展示)

5月20日(日)

  定例作業・梅の販売など(10~12時)
  見学者案内(10~12時)
  総会・会議(13時より)

5月25日(金)

  溜ノ上の森レディース定例作業(10時より)

5月27日(日)

  梅の販売(10~12時)

2018年4月28日 (土)

オープンフォレスト公開(2)

4月21日に続き、今年2回目のオープンフォレスト公開です。

180428seki_2

今日は好天にも恵まれ、37名の方が関さんのお庭を見学に訪れました。

180428seki_1

一週間前は満開だったキリシマツツジはそろそろ終り。一ヶ月前に咲いたミザクラ(サクランボのサクラ)は、実が少し赤くなってきました。もうすぐ食べごろになりそうです。

180428cherry

昆虫では、今年も絶滅危惧種のヤマトシリアゲが現れました。ヤマトシリアゲは、千葉県のレッドリスト(絶滅の恐れがある野生生物のリスト)では「一般保護生物」として記載されています。シリアゲムシの仲間は、完全変態する昆虫の中では、原始的な特徴を残したグループです。

180428yamatosiriage

(山田)

2018年4月26日 (木)

森巡りツアー

森巡りツアーが開催されました。遠方からの参加者も多く、46人の参加でした。

180426seki_1

関さんの森では、エゴのオトシブミを見たり、足元に落ちているフジの花を見つけ上を見上げて太い蔓に感心したり、沢山の咲いていたであろう花の様子を想像したりして、この時期ならではの森の姿に触れることが出来ました。

180426seki_2

180426seki_4

180426seki_5

また、溜ノ上の森ではビンゴカードを基に観察していただきましたが、五感を使って森を観察することが出来、ふかふかなものでは落ち葉の上を歩く感触や若葉の柔らかさ感じ取りましたし、森を抜ける風の気持ち良さや高い木のてっぺんのキラキラした輝きを見つけて喜ぶ人もいました。

180426seki_6

可憐なギンランの花にも感動されていました。

180426seki_7

関さんのお話はいつもながら皆さんの心に響いたようです。

180426seki_3

それから森の観察を子供さんたちが楽しんでいると話しましたら、すかさず「そうでしょう。大人だって楽しいもの」と返ってきました。

(草野)

2018年4月23日 (月)

「春のかんさつビンゴゲーム」(幸谷小2年生)

関さんの森のシンボルツリーは、ケンポナシの木。そのケンポナシの葉を校章にしているのが、近くの松戸市立幸谷小学校です。
今日は、幸谷小学校の2年生約80人が、関さんのお庭に来ました。

この日の目的は、関さんの森にある植物や虫などの観察。ビンゴゲームのように、「木の実」「たけのこ」「においのする葉っぱ」「大きい葉っぱ」など九つのテーマの、植物や昆虫などを探します。

180423koya_1

関さんのお庭は、緑がいっぱい。庭で生き物たちをいっしょに探すのは、幸谷小の先生たちのほか、関さんの森のスタッフ10名です。

180423koya_4

180423koya_5

「たけのこ」は、蔵の裏で発見。15cmくらいのたけのほか、2mをこえるたけのこには、こどもたちもびっくりでした。

180423koya_2

お庭には、ムラサキケマンという植物が生えています。花が終わった後は実ができていますが、さわると「パチン」とはじけます。

180423koya_6

ヤエムグラという植物は、葉や茎にトゲトゲがいっぱい。さっそくワッペンなどを作り、帽子にくっつけました。

180423koya_3

植物以外にも、ヘビを見つけた子もいました。アオダイショウかな。カナヘビを見つけた子もいました。わずか1時間でしたが、こどもたちはいろんな発見をして、関さんの森を後にしました。

関さんの森は、住宅地に囲まれた中の貴重な自然です。生き物たちに出会いに、また来てくださいね。

(山田)

«新松戸フリーマーケット出店